史上最大規模の児童ポルノサイトを摘発、米




同組織が運営するウェブサイトの会員数は
2万7000人以上と、これまで存在が明るみに出た
児童ポルノ組織の中でも最大規模だという。

たしかに、大変大きな規模です。
それだけ児童ポルノ愛好家が多いのでしょう。
このウェブサイトの被害にあった児童は、
米国の39州と英国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、
ベルギーの250人以上に上り、大半は10~17歳の少年という。

 米国土安全保障省のジェイ・ジョンソン(Jeh Johnson)長官は
記者らに対し、摘発された組織は「知られている中で
史上最大の児童搾取活動のうちの一つ」だと語った。

たしかに、大がかりな児童搾取活動です。
この違法ウェブサイトは、Torネットワーク上に構築された
秘密サービスとして、2012年6月から、運営者が逮捕された13年6月まで
運営されていた。

 Torネットワークとは、ユーザーの位置を隠蔽(いんぺい)し、
ネット上での匿名性を確保するために利用される技術。

ここまで巧妙な手口を使うとは、驚いてしまいます。
捜査は、国土安全保障省の他、移民税関捜査局
(Immigration and Customs Enforcement)のサイバー犯罪部と
米国郵便検査サービス(US Postal Inspection Services)らが
協力して実施し、現在も進行中だという。

捜査も大がかりなものになっていますが、
この事件の複雑さを考慮に入れると、やむを得ないの
かもしれません。



マンガ論争勃発2
マイクロマガジン社
永山 薫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マンガ論争勃発2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

よくわかる改正児童買春・児童ポルノ禁止法
ぎょうせい
森山 真弓

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by よくわかる改正児童買春・児童ポルノ禁止法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック